鈴木美教が復活ののろしを上げた。

豊富な練習量がなかなか成果に表れなかったが、前回の取手は積極的に動いて5月奈良以来の完全Vを達成した。

「調子と気持ちがかみ合った優勝だった。めっちゃ練習してきたし、今回もやる気しかありません」と、よりポジティブになった。

予1・7Rは積極型が不在。このメンバーなら鈴木にとって主導権取りはたやすい。

【平塚競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック