高木佑真が豪快なまくりで予1・6Rを快勝した。

「今までにないかも」と、最後方からの一撃に表情は緩みっぱなし。大胆な走りが目立ったが、冷静さも勝因の1つだ。

「立川は直線が長いから最後までチャンスがあると周りに言われていた。打鐘で踏み遅れたけど、落ち着いて走れました」。

予2・7Rは前場所に続く連勝での決勝進出を目指し、剛柔自在に立ち回る。