有吉辰也(47=飯塚)は追い足が目立ったが3着だった。

7枠から6番手スタート。前団を追って道中は2番手に進出したが、終盤に鈴木圭一郎にさばかれた。「1周3角で少し展開を悪くしてすぐに切り返せたけど、金子君とは差がついていた。もっと大きく走りたかったけど、(鈴木)圭一郎も気になってグリップ操作が思うようにいかなかった。エンジンもスタートも良かった」と振り返った。