準決10Rの中井太祐-稲川翔は、最終ホームで6、7番手に置かれる苦しい展開となった。

だが、中井が最終1角からまくりで反撃。稲川が番手から抜け出して快勝した。「中井君が強い気持ちで仕掛けてくれた結果です。気持ちが前に出てないと、あそこからいけないです」と絶賛。

決勝も再びタッグを結成し、打倒・九州勢に挑む。

【小倉競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック