【ドーハ=上田悠太】日本陸連の要項の不備で、1度はエントリーできない状況となったが、招待枠で追加出場となった男子10種競技の右代啓祐(33=国士舘ク)は7545点の16位だった。

大きな体を揺すりながら、最終種目の1500メートルを走り終えた。1度、膝に手をつき、トラックにあおむけに倒れ込んだ。2日間。10種目。長く、過酷な争いを乗り越えたライバルは、戦友になっていた。手を合わせ、抱き合って、健闘をたたえ合った。勝者も敗者も、国境も、肌の色も、宗教も関係ない。一体となってトラックを歩きながら、余韻に浸った。

目標にしていた8000点、12位には届かなかった。「そこに到達していないのは悔しい」と言うも、表情はすがすがしかった。「2日間があっという間に終わった」。世界選手権は11年大邱大会が20位(7639点)、13年モスクワ大会が22位(7751点)、15年北京大会が20位(7532点)、17年ロンドン大会が20位(7498点)だった。5度目の出場にして順位は最高。1日目の5種目を終えては、3766点の23人中20位だった。2日目では3779点を加算し、順位を4つ上げた。

“ドタバタ劇”の末に立った舞台だった。16年リオデジャネイロ・オリンピック(五輪)では旗手を務めた右代は、4月のアジア選手権と6月の日本選手権を制し、日本陸連が定める世界選手権の代表に決定。日本陸連の選考要項では、アジア選手権優勝者は、世界選手権の参加標準記録の突破に匹敵することになっていた。しかし、国際陸連は混成種目、フィールド種目、1万メートルなど一部について、各地域王者(アジア選手権)については「選手のレベルに基づいて」資格の有無を判断すると定めていた。それにより、右代は大会直前でエントリーできないことになった。その後、状況が変わり、欠場者が出たことで、招待枠での出場が決まっていた。

「いろんな思いもあって、この大会を迎えた。その試合に出るという思いで準備をしてきた。すべての種目でやり残しがないように迎えられた。自信を持って挑んだ大会だった」。騒動には流されず、練習には集中できていた。指導する岡田雅次監督(57)によると、右代は1度はエントリーができないことが決まった時も「もっと強くなればいいということですね」と話し、泣き言、批判は言わなかったという。その2日後から練習を開始していた。

東京五輪の出場へ向けては、動きの精度を課題に挙げ「世界選手権をベースに作り直したい」。12年ロンドン五輪は日本勢48年ぶりの出場だった。日本陸連の麻場強化委員長が「日本陸上界の至宝」と表現する男は「まだまだやれるという思いがある時点で、これから先に奇跡が起こると信じている。まだチャレンジは続くと思う。楽しみにしていてください」。自己ベストは5年前の8308点。東京五輪の参加標準記録は、それより42点高い。東京五輪開幕の日に34歳を迎える“和製ヘラクレス”は過去の自分を超え、3大会連続となる五輪への挑戦を続けていく。