来年1月2、3日の箱根駅伝を3週間後に控えた11日、前回大会上位5校の監督によるトークバトルが都内で行われ、史上初の2季連続「3冠」が懸かる駒大・藤田敦史監督は、往路、復路をともに制しての完全優勝を掲げた。

今大会の目標を発表するコーナーで、藤田監督はフリップに「(往路)優勝、(復路)優勝、(総合)優勝」と力強く書き込んだ。会場から拍手が起こる中、「チームの目標は2年連続3冠。もう一つは昨年度3冠を達成したチームに対しても挑んでいる。昨年と同じように挑みたい」と意気込んだ。

今季の駒大は10月の出雲駅伝1区から1度も首位を譲らず、全日本を含めた2大会を制覇。その間は出走した14人全員が区間3位以内と好走している。史上初の偉業へ「選手たちにはのびのびやらせたい」と思い描いた。

前回2位の中央大・藤原正和は「(往路)1~2位、(復路)1~2位、(総合)優勝」と発表。今季は出雲7位、全日本4位と表彰台を逃しているが、箱根路へは「往路はおそらくプラス1分かマイナス1分で終わるのではと考えている。今年は総合優勝するためにマネジメントしていければ」と見通した。「駒大は復路も厚い。でも1区から5区は重要区間」と強調し、前回2区区間賞の吉居大和(4年)について「大砲をどう使うか」が鍵を握るとにらんだ。

2年ぶり7度目の王座奪還を狙う青学大・原晋監督は、完全優勝を目標に据えた。駒大は1万メートルの自己記録27分台の選手3人そろうが「そこに対して我々も佐藤(一世)、太田(蒼生)、黒田(朝日)が駅伝では対抗できるかな。山登りも山下りも対抗できる」と自信をみせた。

【箱根駅伝】チームエントリー発表! 23校全選手一覧 青学大・原晋監督は今年の作戦発令