女子プロゴルフ注目のルーキー古江彩佳(19=フリー)が総合エレクトロニクスメーカーの富士通とスポンサー契約を結んだことが2日、発表された。

古江は昨年10月富士通レディースで史上7人目のアマチュア優勝を果たし、プロ転向。渋野日向子ら“黄金世代”を追いかける、2000年度生まれの“ミレニアム世代”では、昨年のプロテストに合格した滝川二高の同級生、安田祐香らとともにリーダー的存在として注目を集める。

富士通は88年のツアー制施行前の83年から富士通レディースを開催しており、女子ゴルフ界では老舗的なスポンサーだ。古江は「富士通レディースでの優勝が、目標だったプロ転向を大きく後押ししてくれました。今回のスポンサー契約によるご縁を大切にしていきたいと思います」とコメントした。