国内女子ゴルフツアーの今季開幕戦、ダイキン・オーキッド・レディースで、6年ぶりにツアー復帰する元賞金女王の森田理香子(34)が、開幕を2日後に控えた27日、会場の沖縄・琉球GCで18ホールの練習ラウンドなどで調整した。

その後、記者会見を行い「(13年に)賞金女王を取ってから、燃え尽きた自分がいたのは確か。『これからどうしようかな』と。そこで気力もなかった。案の定、成績も落ちて。ゴルフの状態が悪くなって、体の調子も良くなかった」と、18年シーズンを最後に、1年間はクラブも握らないという、心身ともにゴルフから離れた生活となった。ただ、解説などゴルフには携わる仕事を行い、プロを目指すアマチュアの指導も行った。その中で「プロを目指す若い子たちを見ると、目がすごいキラキラしていて、すごく楽しそうにやっていた」と、徐々に復帰に心が傾き始めたという。

加えて飛距離は賞金女王当時よりも、現在の方がむしろ「30~40ヤード」のほど飛んでおり、ドライバーは260ヤード程度まで伸びた。そんな中で、試合出場を勧められることが増え、今回の決断に至ったという。今季に向けた予選会には出場しておらず、現状で今季は主催者推薦で最大8試合まで出場が可能。その8試合で上位に入って多くの年間ポイントを獲得したり、ツアー通算8勝目を挙げたり、といったことになれば、さらに出場試合数は増える。

自身が主催者推薦で8試合出場すると、その分、出場できなくなる選手が増えることになる。それでも「いろいろなとらえ方をする方がいると思います。(出場枠を)若い選手にあげた方がいいんじゃないかという考えの方もいると思います。でも、私は若い時に頑張ってきたご褒美だと思っているので、それはフルに使って、今の若い選手はすごくうまいし、見ているだけでも勉強になるので、若い選手から何か得られるものがあればいいなと思っています」と、今後も出場することで、指導者として、1人のプロゴルファーとして、幅を広げていきたい考えだ。

6年ぶりの試合は「緊張はすると思うけど、緊張プラス楽しみの方が強い。今は楽しいです」と、笑顔で話した。元女王が心身のスランプから戻ってきた。

【写真特集】原英莉花、上田桃子ら開幕戦ダイキン・オーキッド・レディース前夜祭