今季開幕戦で、岩井千怜(21=Honda)が単独首位発進した。1イーグル、5バーディー、ボギーなしの65、7アンダーとし、5アンダーで2位の天本ハルカ、菊地絵理香、西郷真央に2打差をつけた。

出だしの1番パー4で幸先よくバーディーを奪うと、3番パー3でも伸ばした。さらに4番パー5では、残り240ヤードから2オンに成功。10メートルのパットも決め、今季一番乗りでイーグルを奪った。「ラッキーだった。『あっ、入っちゃった』という感じ。でも、それはラッキーだと思って切り替えた」と、浮かれることなく、残りの14ホールをボギーなしで回りきった。

「パットが良かった。ショットも、外しちゃいけないところに打たなかった。調子は良かったと思う。ううリズムで回れた」と、笑顔で振り返った。開幕戦の今大会は、初出場だった昨年が予選落ち。それだけに「バーディーをいっぱい取りたいし、バーディーで元気を届けたい」と、残る3日間も強気で攻め続けるつもりだ。