今年の関西1部春季リーグ優勝&関西インカレ準優勝の近大が、2戦連続でVリーグクラブを破るアップセットを起こした。

2回戦でVリーグ1部(V1)のVC長野と対戦。3-2(25-23、25-22、18-25、16-25、15-11)のフルセットで退けた。

8日の1回戦V1ヴォレアス北海道戦に続く番狂わせに、強力攻撃陣の枢軸を担う中西武琉(4年=天理)は、「予想外ですね」と興奮気味。「最後の大会なので楽しんで。(近大は)真面目にやるより、わちゃわちゃした感じが一番強いと思う」と、チーム一丸で快進撃を続けていく。