卓球のTリーグは3月22~24日、男女上位3チームによるプレーオフを東京・代々木第2体育館で行う。

3日に進出チームが男女全て確定。男子は琉球アスティーダ(2位)と岡山リベッツ(3位)が22日に対戦(午後7時開始)し、この試合の勝者を翌23日午後6時に木下マイスター東京(1位)が迎え撃つ。

リーグ戦では昨季準優勝の東京が、1試合を残して14勝5敗と奮闘し1位。台湾代表で世界ランク8位のリン・ユンジュ(林■(■は日ヘンに句の口が二)儒、22)が、シングルスで14勝2敗の勝率8割7分5厘と地力の高さを示した。今季加入したパリオリンピック(五輪)代表の戸上隼輔(22)や同じく五輪切符をつかんだ篠塚大登(20)、2月の世界選手権団体戦に出場した松島輝空(16)らが名を連ねる。

前回王者の2位琉球は15勝5敗、首位と勝ち点2差(4日現在)につけた。日本代表のエースで五輪2大会連続出場を決めた張本智和(20)が、シングルス14勝3敗の勝率8割2分4厘。4試合(シングルス3試合、ダブルス1試合)で同点だった場合に1ゲーム(11点)で争う「ビクトリーマッチ」でも4勝1敗と安定した。中国出身のジョ・シンコウ(徐晨皓、27)、国際経験豊富な吉村真晴(30)らも支えてきた。

3位岡山は2~3日の本拠2連戦で2連勝し、プレーオフ3枠目に滑り込んだ。中国出身のハオ・シュアイ(〓(〓は赤に郊のツクリ)帥、40)がフル回転し、ヤン・アン(閻安、31)や19歳の吉山僚一も奮闘。五輪3大会出場の丹羽孝希(29)が、ヤン・アンとのダブルスで流れを引き寄せる展開も目立った。

 

注目が集まるプレーオフの日程は以下の通り。

◇準決勝(3月22日午後7時、代々木第2体育館)

琉球(2位)-岡山(3位)

◇決勝(3月23日午後6時、代々木第2体育館)

東京(1位)-準決勝の勝者

 

◆チケットプレゼント 22~24日に行われるプレーオフ男女4試合のチケットを、抽選で各試合20組40人(2階自由席)にプレゼント。Tid会員(Tリーグ無料会員)に登録の上、専用申し込みフォームから必要事項を記入ください。

https://tleague.jp/campaign/entry.php?type=event&code=po6qkjcz4390a6e

締め切りは3月10日午後11時59分。当選された方のみ、入場方法をメールでお知らせします。