日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. MLB
  2. ニュース

MLBニュースのRSS

ダル16勝、日本投手新人記録更新/詳細

2回、捕手を制して投ゴロを処理するダルビッシュ(共同)
2回、捕手を制して投ゴロを処理するダルビッシュ(共同)

<エンゼルス1-3レンジャーズ>◇20日(日本時間21日)◇エンゼルスタジアム

 レンジャーズ・ダルビッシュ有投手(26)がエンゼルス戦に先発。8回を4安打1失点に抑え、日本投手の新人記録を更新する16勝目を挙げた。

レン000010002=3

エン000001000=1

 <1回>

 セットポジション。捕手はソト。

1番トラウト 2-2から直球で左飛。

2番ハンター 0-2からスライダーで遊ゴロ。

3番プホルス 3-2から144キロのカットボールで中飛。

 3者凡退。投球数は13。

 <2回>

4番モラレス 0-1から緩いカーブを2球続け空振り三振。

5番カヤスポ 1-1から143キロのカットボールで二飛。

6番ケンドリック 初球、バント安打を狙ったが投ゴロ。

 1回に続き3者凡退。投球数は20。

 <3回>

7番アイバー 3-2からカットボールが外れ四球。初めてのランナー。

8番トランボ 1-1から144キロのカットボールが甘く入ったが中飛。

9番アイアネッタ 1-1からスプリットを右前安打。1死一、三塁。

1番トラウト 2-2から内角直球で空振り三振。一塁走者二盗失敗で三振ゲッツー。ピンチを切り抜けた。投球数は37。

 <4回>

2番ハンター 0-2から149キロのツーシームで見逃し三振。3個目。

3番プホルス 2-2から128キロのスライダーで空振り三振。4個目。

4番モラレス 初球143キロのカットボールで遊ゴロ。

 3者凡退。グリンキーとの投げ合いが続く。投球数は46。

 <5回>

 味方が1点を先制。

5番カヤスポ 初球カットボールで三邪飛。

6番ケンドリック 3-2からスライダーで空振り三振。5個目。通算210個目。 

7番アイバー 3-2からカットボールで一ゴロ。

 3者凡退。投球数は59。16勝目の権利をゲット。

 <6回>

8番トランボ 1-2から真ん中に入ったツーシームを中前安打。代走ボージャス。

9番アイアネッタ 2-1からエンドラン。中前安打となり無死一、三塁。

1番トラウト 1-2から146キロ内角高め直球で空振り三振。6個目。 

2番ハンター 1-0からツーシームで詰まらせ遊ゴロ。しかし当たりが弱く二封のみ。三塁走者生還し1-1同点。 

3番プホルス 0-1から144キロのカットボールで芯を外し遊飛。勝ち越し許さず。

 投球数は75。

 <7回>

4番モラレス 2-2からカーブで左飛。

5番カヤスポ 1-2からツーシームを打たれ左前安打。4本目。

6番ケンドリック 1-2からスライダーを引っかけさせ6-4-3のゲッツー。

 投球数は92。

 <8回>

7番アイバー 3-2からスライダーで空振り三振。7個目。

8番ウェルズ 1-2から101キロのカーブで見逃し三振。8個目。

9番アイアネッタ 3-2からスライダーで空振り三振。9個目。

 3者連続三振。投球数は108。

 <9回>

 レンジャーズは主砲ベルトレが勝ち越しの2ラン。その裏のエンゼルスの攻撃を守護神ネーサンが抑え3-1で勝利。ダルビッシュが16勝目を挙げた。

 【エンゼルス先発メンバー】

(1)トラウト右

(2)ハンター右

(3)プホルス右

(4)モラレス左

(5)カヤスポ左

(6)ケンドリック右

(7)アイバー左

(8)トランボ右

(9)アイアネッタ右

 [2012年9月21日13時50分]







日刊スポーツ購読申し込み