日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. チーム紹介
  2. シカゴ・カブス

シカゴ・カブス

オフィシャルサイト:http://chicago.cubs.mlb.com/

最近5年間の成績
勝敗 地区 ポストシーズン
2008 97-64 優勝 地区敗退
2009 83-78 2位 不出場
2010 75-87 5位 不出場
2011 71-91 5位 不出場
2012 61-101 5位 不出場
2013 66-96 5位 不出場
リグリーフィールド
リグリーフィールド

 1876年、ナ・リーグ創設時から存在しリーグ初代王者となった古豪。メジャーで唯一、本拠地を移転していない。当初はホワイトストッキングス、コルツ、オーファンズなどと呼ばれ、1907年にカブスとなる。カブスは「小グマ」の意味。地元紙の公募で選ばれる。1907、08年とワールドシリーズを制覇して以来、Wシリーズから見放されている。リーグ優勝16回、地区優勝4回。20年代後半からメジャー記録の190打点をマークしたハック・ウィルソンが活躍。アーニー・バンクス、ライン・サンドバーグら名選手を輩出した。07年、前年最下位から4回目の地区優勝。08年も2年連続の地区Vを果たしたが、Wシリーズ出場はならず。ここ5年間はプレーオフ進出を逃している。

 藤川球児投手が所属。今季は和田毅投手とマイナー契約を結んだ。

 2013年WBCでメキシコを指揮したレンテリア氏が新監督に就任。本拠地はリグリーフィールド(天然芝)。

その他のMLBチーム






日刊スポーツ購読申し込み