日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

新井「6月中旬から折れていた」

2軍施設で治療を終え、引き揚げる新井(撮影・奥田泰也)
2軍施設で治療を終え、引き揚げる新井(撮影・奥田泰也)

 腰の疲労骨折が明らかになった阪神新井貴浩内野手(31)が27日、兵庫県鳴尾浜の球団施設内でリハビリを開始した。前日には北京五輪日本代表の星野仙一監督(61)が「私の責任。阪神と阪神ファンに申し訳ない」と謝罪のコメントを出したことに、新井は「星野さんは悪くない。悪いのは全部自分」と話した。

 午前中から球団施設内で電気治療、マッサージなど4時間超の治療を行った。帰り際愛車に乗り込む直前、新井は立ち止まって「今だから言うけど、北京に行って(骨が)折れた訳じゃない。6月中旬から折れていたと思う。(25日に)折れたと分かって、そう思った。(そのころと比べて)痛みも変わらないし」と話した。「(阪神でも)トレーナーにずっと止められていた。『限界を超えているから(試合出場を)やめてくれ』と言われているのを、振り切って試合に出ていた。自分自身が一番悪い」。何度も自分の非をアピールした。

 今週いっぱいは治療を続け、痛みを軽減させる予定。状態が良化すれば、来週にもウエートトレーニング、屋外リハビリも開始する方針だ。

 [2008年8月28日8時56分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは










日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです