ロッテと楽天といえば、ともに今季からセカンドを守っていた中村奨と浅村をサードにコンバートしている。主力選手のコンバートは成功するのか? 両チームの“内野改革”について考えてみた。

まず、今試合で浅村は出場しなかったが、試合前の練習ではサードのポジションでノックを受けていた。ファーストを経験しているだけあって、自分の左側に飛んだ打球に対しても左足を引いてキャッチ。二遊間を守っていた選手は、打球への距離感に戸惑うが、余裕を持って処理していた。

セカンドからサードへのコンバートで、1番厄介なのが一塁への送球になる。セカンドだと一塁までの距離が短いが、サードからだと長い。セカンドからだと足を止めた状態で投げても問題ないが、サードだと届かないケースが出てくる。多少、大げさにでも足を動かして投げる必要がある。

実戦に出ていない浅村は分からなかったが、試合での中村奨の送球がそれる場面があった。2回2死二塁から少しだけ三遊間寄りに転がったゴロを捕った中村奨が一塁へ送球したが、ファーストがホーム寄りにベースを離れてキャッチ。走者にタッチしてアウトになった。距離感の違いに戸惑ったように見えた。

2人とも送球に対しての不安は残るが、守備機会はセカンドより少ない。複雑なサインプレーもセカンドより少ないだけに守備の負担は減る。問題は打てるかどうか。打っていれば多少の守備不安は気にならなくなる。しかし打てない状態が続くと、守備へのプレッシャーも重くなる。

中村奨は打撃で4回無死二塁からセーフティー気味の送りバントをファウルにしたあと、サードフライに倒れた。ベンチは進塁打を期待しただろうが、変化球を引っかけ、真っすぐにも詰まっていた。多少、打てなくても進塁打を打つ技術があればベンチも我慢できる。しかし中村奨は送りバントをたくさんやってきた選手ではないだけに心配になった。

楽天はシーズン中にもセカンドを守っていた小深田の二塁守備は問題ない。ロッテはショートの藤岡がセカンドを守ることになりそうだが、慣れてくればこなせるだけの技術は持っていそうだった。

本来、サードは強打が期待される選手のポジション。中村奨は昨年、打率2割2分で本塁打は11本。吉井監督からすれば、中村奨には「もっと打ってほしい」という気持ちが込められたコンバートだと想像できる。サードと同じように打たなければいけない一塁には、DeNAから移籍したソトと、三塁からコンバートされた安田がいる。この2人が打てば、安田が三塁に戻る可能性はある。中村奨にとって、正念場を迎えるシーズンになる。(日刊スポーツ評論家)

ノックを受ける楽天浅村(2024年2月1日撮影)
ノックを受ける楽天浅村(2024年2月1日撮影)