日大三(東京)は初戦で147キロを記録した「新星」井上広輝投手(2年)が6回3失点で降板。三重の「背番号10」定本拓真投手(3年)に完封を許し敗れた。

 最速147キロ右腕の日大三・井上が粘り負けし、2回戦で敗退した。5回までは0-0と息詰まる投手戦を展開したが、6回に4長短打で3点を奪われた。「精神的にきつくて、気持ちを切り替えられなかった。粘ることができず、悔しいです」と唇をかんだ。

 2回戦で敗れたが、鮮烈な甲子園デビューを飾った。救援した1回戦の由利工戦では最速147キロを計測。6回無失点と好投し、2年生ながら、スカウト陣が色めき立った。この日は打ち込まれたが、スカウトの評価は不変だった。

 ロッテ永野チーフスカウト 柔らかさと力強さがある。(星稜の)奥川と2人は来年のドラフト上位候補で間違いないでしょう。

 巨人青木スカウト 肘の柔らかさ、しなりがあって、見ての通り、素晴らしいです。

 異例の早さで上位候補に挙がった右腕は夏に向け、直球を追求することを掲げた。「自分の直球はまだまだだと感じた。春、夏と磨いて、甲子園でいい結果が出せるように頑張りたいです」と話した。同校出身の兄大成(18)は、内野手で昨夏のU18高校日本代表。弟は日本を代表する投手を目指す。【久保賢吾】