ヤンキースのジャッジが62号を放ち球団記録とア・リーグ記録を更新した直後に、エース右腕ゲリット・コール投手(32)も球団記録を塗り替えた。

コールはレンジャーズとのダブルヘッダー第2試合に先発。初回に2番ローから奪ったこの日最初の三振でシーズン249奪三振とし、球団記録を更新した。前回登板の28日ブルージェイズ戦で、1978年にロン・ギドリーがマークした球団最多248奪三振に並んでいた。

この日は6回3失点で降板するまでに9三振を奪い、奪三振記録を257に伸ばした。自己最多はアストロズ時代の19年に記録した326。今季のリーグ最多奪三振のタイトル獲得は決定的となっている。