阪神糸原は攻守に悔しい1日となった。

 打っては4回1死二塁で二遊間へのゴロを、二塁藤田のダイビングキャッチに阻まれた。遊撃守備では6回1死一、二塁で3番岡島の二遊間ゴロに飛びつくも、惜しくも止められず、先制の適時打に。試合後は「球際の問題だと思います」と自らを責め厳しい表情だった。