楽天が、2回に6安打7得点の猛攻で逆転した。

 2点を先取されたその裏、2死一、三塁から、藤田一也内野手(35)が「先制点を取られた後だったので、何としてもランナーを返したい気持ちで打席に立った」と、ロッテ涌井の速球を捉え、右越えの二塁打で1点差とした。

 なおも二、三塁からジャフェット・アマダー内野手(30)が、変化球を左中間スタンドへ逆転の19号3ラン。23試合ぶりのアーチに「最近はチャンスで打つことができなかったから、チームのために打ちたかった」と話した。

 その後も、ペゲーロ、島内の安打で一、三塁と猛攻を続けると、ゼラス・ウィーラー内野手(30)も変化球を左中間へ運ぶ27号3ラン。26試合ぶりの1発に「ペゲーロ、島内がチャンスを作ってくれたから、何としても返したかった」と笑みを浮かべた。