2軍キャンプスタートとなった広島加藤拓也投手(23)が2日、初日から2日連続ブルペン入り。オフから取り組む新フォームの安定に取り組んでいる。

 1年目の昨季は初登板初先発初勝利をマークしながら、その後は白星を挙げられず、秋季キャンプにも呼ばれなかった。2年目の今春季は2軍からのスタートとなった。「立ち位置は分かっている」と危機感を口にしながらも「純粋にいい球を投げたい」と試行錯誤を続けてきた。

 昨季は左足を大きく上げ、左手のグラブを打者方向に突き出しながらダイナミックに投げ込むフォームだったが、オフにフォームを修正した。「体をうまく使いたいと思った。体が倒れないように。腰の回転を意識した」と模索。右腕のテークバックが小さくなり、グラブの出す角度も下がり、リリースまでの体のばらつきが減った。結果的にあごが上がらなくなり、フォームがまとまった。「いい方向に向いていると思う」。上々の感触を得ている。

 ここまでドラフト1位入団で注目された昨春とはまったく異なるキャンプを過ごしている。「(昨年は)チャンスをもらったのに生かせなかった。チャンスをもらえるように頑張るだけでなく、チャンスをもらったときに確たる自信を持てるようになっておきたい」。再び1軍に戻るために、新フォームに磨きをかける。