阪神先発の岩貞祐太投手(27)が、6回6安打3失点(自責点1)で降板した。

初回、先頭の福田に右翼への三塁打を浴びるなど1失点。5回は連続三振を奪った直後に味方の失策で走者を出し、2死満塁から西浦に中前2点適時打を許した。

それでも6回6三振を奪い、安打を浴びながらも要所を抑える粘りの投球。「初回、先頭に打たれてしまいましたが、その後を3人で抑えることができたのは収穫でした。ただ、5回の味方のエラーの後こそ粘らなければいけませんでした」と反省のコメントをしながらも「自分の感覚的には良かったので、このまま開幕に向けてしっかりと仕上げていきたいです」。登板予定の開幕2戦目と同じ舞台で、好感触をつかんだ。