広島九里亜蓮投手が4回3安打無失点と力投した。ヤクルト戦の5回から2番手で登板。最速145キロの直球を軸に、チェンジアップやカーブを駆使し、4三振を奪うなど打線をねじ伏せた。

開幕ローテーション入りが当確している右腕は、実戦2試合連続で失点していただけに「内容と結果を求めた中で、ゼロに抑えられたのはよかった」と喜んだ。

広島担当のツイッターはこちら―>

広島ニュース一覧はこちら―>