NPBは8日、この日に行われた現役ドラフトの結果を発表し、阪神馬場皐輔投手(28)が、巨人から指名を受けた。

◆巨人-阪神間の移籍 両球団間の移籍は少なく、2リーグ制後8件目。過去7件はトレードが5件、自由契約による移籍が2件だった。最近では20年12月、巨人山本泰寛内野手が金銭トレードで阪神に移籍して以来。阪神→巨人では04年1月の野村克則捕手(金銭トレード)以来。78年ドラフト時の「江川問題」ではコミッショナーを巻き込む騒動に発展。翌79年に江川卓投手が指名された阪神へ入団し、巨人小林繁投手とのトレードが決まる異例の事態になった。

【現役ドラフト】詳細まとめ