“伝統の前哨戦”で24年のオープン戦が開幕する。巨人は23日、阪神と対戦。3月29日の24年シーズン開幕戦(東京ドーム)と同一カードとなる。地元・那覇市出身で新選手会長の大城卓三捕手(31)は守り神シーサーのごとく扇の要を担い、主砲・岡本和真内野手(27)も正々堂々の勝負を宣言した。連覇を目指す阪神岡田彰布監督(66)は、巨人阿部監督の超積極走塁宣言を貫禄十分に受け止め、日本一メンバーを隠すことなく起用する方針だ。

  ◇  ◇  ◇

虎との前哨戦を前に、岡本和の言葉が熱を帯びた。「僕はもう正々堂々なんで。正々堂々と!」。巨人の4番で主将が繰り返した。隠すことは何もない。「去年と一緒だなって思われるのか、少しでも違うなって思われるのかというのはオープン戦とはいえあると思う。しっかりやりたいなと思います」。打席に立てば勝負に徹するだけ。昨季6勝18敗1分けと阪神だけで借金12。苦汁をなめさせられた虎に一泡吹かせる。

実戦は宮崎キャンプから“皆勤賞”を続けてきた。4度のシート打撃、紅白戦、対外試合とすべて打席に立つ。那覇の突き刺さる日差しに、大粒の汗を垂れ流しながらバットを振ってきた。「負け越すチームをなくしていくことで優勝に近づく。全部のチームに勝ち越せたらいい。勝ち負けの差は減らして、勝ち越せれば。今年は頑張りたいなと思います」と逆襲に出る。

幕開けは難敵中の難敵とのマッチアップから始まる。阪神先発予定の伊藤将とは昨季打率0割7分7厘で、1安打に終わった。「シーズンの伊藤とは違うので、僕も気楽に行きたいなと思います」。力まず、気張らず、堂々と、岡本和は打席に立つ。【栗田成芳】

【関連記事】巨人ニュース一覧