プロボクシングWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(29=大橋)が7日のノニト・ドネアとの3団体王座統一戦当日に空き巣被害に見舞われたことを受け、今だ犯人が逮捕されていないと明かした。

28日、横浜市内の所属ジムで始動した後、報道陣との質疑応答で空き巣被害について言及。「(被害を)知ったのは試合直後ぐらい。まず想像がつかなかった。実際に(被害を)見たら腹立たしいですよ。試合直後はなかったですが、怒りは徐々に出て…」と心境を明かした。

犯人は防犯カメラの映像に残っていたものの、顔は覆面で覆われてたという。

これまで試合1カ月前からホテル生活するケースが多かった井上だが、残した家族らのことも心配のため「試合前のホテル生活はやめようかなと思っています。自分がいないのは心配ですし」とさまざまな対策を取り始めていると強調。海外遠征や走り込み合宿を行う場合には「誰かを家においていきます」と警戒心を強めていた。

神奈川県警によると、試合前の7日午後4時半ごろ、試合で不在だった井上の神奈川県内になる自宅に何者かが入り、かばんや貴金属など十数点を盗んだという。付近で男2人が目撃され、県警が行方を捜査している。