元NXT王者カリオン・クロスが、抗争を続ける元WWEヘビー級王者ドリュー・マッキンタイアを襲撃KOした。先にリングに登場したマッキンタイアが「俺はクロスに背後から襲われたが、ビッグマッチの朗報がある。エクストリーム・ルールズで俺から逃げられないストラップ戦だ」と報告。10月8日(日本時間9日)に控えるプレミアム・ライブイベント、エクストリーム・ルールズ大会(米フィラデルフィア)でクロス-マッキンタイア戦が発表された。

ここでクロスは背後から襲撃を開始。予期していたマッキンタイアに頭突きを食らい、コーナーポストにたたきつけられた。さらに手首を巻きつけられた長いストラップでムチ攻撃まで浴びた。さらに追いかけてきたマッキンタイアに対し、クロスの妻スカーレット夫人が体を張って止めに入り、ファイアボールやローブローで妨害。ここでクロスが得意のクロスジャケット(裸絞め)でマッキンタイアを捕獲してKOに追い込み「エクストリーム・ルールズで会おう」とあざ笑っていた。

【関連記事】プロレスニュース一覧>>