ボクシングの2023年年間優秀選手表彰式が19日、都内で行われ、努力・敢闘賞と年間最高試合(世界戦以外)を受賞した前日本バンタム級王者の堤聖也(28=角海老宝石)が「いろんな意見が出ているが、僕としては(年間最高試合に)この試合を選んでくれてよかったと思っている」と正直な心境を吐露した。

年間最高試合に選ばれたのは昨年12月26日、東京・有明アリーナで行われたモンスタートーナメント決勝戦を兼ねた日本バンタム級タイトルマッチ。王者の堤が挑戦者の穴口一輝(真正)に判定勝ちして、トーナメント優勝と4度目の防衛に成功した。

試合は堤が4度のダウンを奪ったが、その都度、穴口も猛反撃。開始から最終ラウンドまで一進一退の激しい打撃戦に終始した。試合後に意識を失った穴口は病院に搬送されて、右硬膜下血腫で緊急手術を受けたが、2月2日に帰らぬ人となった。

「試合内容、あの30分間だけみると、お互いがお互いの持ち味を全部出した。そういう試合だと思っていて、本当に穴口選手は本物だって思いました。本当に悔やまれるのは、今日、一緒にいられなかったこと。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と、無念そうに振り返った。

穴口の回復を心から願っていたが「ずっと覚悟してボクシングやっている。いつも試合前は僕がこれで終わるかもしれないとか、そういうことを考えているので、心のどこかで覚悟というのはあった」。そう語った後「家族のことを思うと何も言葉が出ないので、何も僕は言えないです」と、声をつまらせた。

日本王座は返上したが、今後も上を目指してボクサー人生を歩み続ける。「あの試合は誇りに思っている。人生のつぶし合いだと思ってボクシングをやっているので、戦ってきた人たちの思いはある。僕の拳、人生に、彼らの思いは乗っているので、それをすべて覚悟した上で、今後も僕のスタイルのボクシングを見せていきたい。世界は必ず取ります」。堤は最後にはっきりと口にした。【首藤正徳】