24日開幕の「Victory Challenge Tag League(VCタッグリーグ)」を翌日に控え、出場チームが1日限りで合体。「征矢学&近藤修司」+「サクソン・ハックスリー&ティモシー・サッチャー」の4人が、「拳王&大和田侑」+「清宮海斗&大岩陵平」組と8人タッグで対戦した。

「強くなりたい」という思いから拳王に“弟子入り”し、タッグ結成となった大和田は、その心意気を示すように大男ハックスリーにドロップキック、エルボーをたたき込んでいった。

大和田は征矢に対しても1歩も引かず、ドロップキック2連発からサイドスープレックスを決めた。しかしそこで拳王にタッチをしようとしたところ、拳王が場外の近藤に引っ張られてタッチできず。

孤立した大和田は、それでも気持ちを見せて征矢にエルボーを見舞い、自らロープへ飛んだ。しかしカウンターの弾道(腕を振り切りながら自身の体のひねりを加える強烈なラリアット)を浴びて3カウントを奪われた。

バックステージで征矢が「このタッグリーグはオレと近藤さんが優勝させてもらう」と宣言すれば、近藤は「こいつ(征矢)はよ、史上最高のレスラーだ。これだけの力があって、これだけの技があって、これだけのスタミナがあって。こいつに足りないのは頭脳だけだ。オレがこいつに頭脳を入れ込んでやれば、このチームは最強だよ。お前(征矢)、バカだからな」。

すると征矢は「とにかく、オレと近藤さんのIBU(=2人の母校、国際武道大)が優勝、いや全勝優勝してやる!」と叫んだ。【千葉修宏】