セミファイナル(第7試合)でGHCナショナル王座戦が行われ、王者ジャック・モリス(30)が、同じグッド・ルッキング・ガイズ(GLG)の仲間で、普段はタッグを組む挑戦者のアンソニー・グリーン(30)と対戦。

王者が20分28秒、タイガードライバーで3カウントを奪って、3度目の防衛に成功した。

モリスは「今、見た通り、オレたちこそベストタッグチームだ。彼が相手だったからこそ、オレの最大限の力が出たと思う。今日はたまたま自分が勝てたけど、オレたちがベストタッグであることには変わりない」と相棒をたたえた。

一方のグリーンは「この試合のためにいがみ合った感じになってしまったかもしれないけど、もう試合も終わったことだし、明日からはVCタッグリーグが始まる。その優勝チームが3月17日横浜武道館大会で、オレたちの持つGHCタッグ王座に挑戦する。まあ今日、オレたちの試合を見て分かったと思う。あれほど激しい戦いを演じたオレたちがタッグを組めばどうなるか」と話し、3月17日の防衛戦へ自信を見せていた。