第3試合で、ROAD TO UFCにも出場し、RIZINは初参戦となる野瀬翔平(26=MASTER JAPAN FUKUOKA)が、瀧澤謙太(29=Fired Up Gym)に2R2分48秒TKO勝ちし、初陣を白星で飾った。瀧澤は4連敗となった。

野瀬は空手出身の瀧澤の打撃にひるまず、逆に相手をタックルから持ち上げて、たたきつけるなど、柔道のバックボーンを持ち、アマチュア修斗無敗で全国制覇した実力を発揮した。

最後はグラウンドで瀧澤を足でしっかりとロックし、頭への冷酷非情な肘の連打。レフェリーが試合を止めた。

野瀬は試合後「九州の格闘技界、MMAは全然、関西、関東にも負けてないと思います。ぜひ九州の選手、僕も含め、注目してださい。僕の組み技はRIZINの上位陣、チャンピオンにも通用すると思ってます」と継続参戦へ意欲を見せた。