王者アレハンドロ・サンティアゴ(28=メキシコ)が挑戦者の同級1位中谷潤人(26=M・T)の強打に沈められた。

6回1分12秒TKO負け。試合後は「倒れた時のパンチは見えなかった。パンチの強さはノーマルだったと思うが、コネクトが絶妙だったと思う」と振り返った。

今後について「またハードな練習に戻り、再び世界チャンピオンに返り咲きたい」と意欲的に話した。

【ボクシング】中谷潤人が3階級制覇に成功 6回にダウン2つ奪いTKO/世界戦ライブ詳細