日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 芸能
  2. ニュース

芸能ニュースのRSS

m.c.A・T21周年 衰えぬハイトーン

m.c.A・T(中央)の21周年記念フェスティバルに集まったファミリーたち(撮影・松本久)
m.c.A・T(中央)の21周年記念フェスティバルに集まったファミリーたち(撮影・松本久)

 音楽プロデューサーで歌手のm.c.A・T(53)が21日、千葉・舞浜アンフィシアターでデビュー21周年記念フェスティバル「俺フェス」を行った。

 曲を提供してきたDA PUMPや友人中西圭三ら8組のファミリーたちが駆けつけ、約3時間のステージを一緒に盛り上げた。

 歌唱のバックでギターを弾いたり、一緒にコラボレーションをしたりの全33曲。特に中西と「Choo Choo Train」、小柳ゆきと「あなたのキスを数えましょう」をデュエットした際は、自慢のハイトーンを響かせて会場の約1500人を大いに沸かせた。小柳は「女性の高いキーなのにすごいですよね」とボーカル力に驚きを隠さなかった。

 デビューシングル「Bomb A Head!」の発売日は93年11月21日。「21」にこだわり、昨年から約1年かけて準備した。「20年の節目を迎えた時から何かをやりたかった。音が楽しいと書いて『音楽』。仲間と一緒にそれをお客さんに伝えたい」。ステージの幕開けもラスト曲も「Bomb-」。最後はステージに全員がそろい、合唱で締めくくった。

 DA PUMP「if…」や安室奈美恵「Joy」の作詞作曲、浜崎あゆみ「from your letter」の作曲、東方神起「Rising Sun」の訳詞などマルチな活動で知られるm.c.A・T。DA PUMPのISSAは「20周年をへて、さらに進化する師匠を見ていると、こっちもまだまだやらねばと思います。これからも、変わらぬパフォーマンスと楽曲制作に磨きをかけて突き進んでいってください」と熱いエールを送った。

 m.c.A・Tも「この『俺フェス』は来年以降も2回、3回と続けていく」と宣言した。

 [2015年2月21日21時15分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞