声優のファイールズあいと日高里菜が26日、東京・新宿バルト9で行われたアニメ映画「トロピカル~ジュ! プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!」(志水淳児監督)公開記念舞台あいさつで、水樹奈々(41)ら“先輩”プリキュアへの尊敬と憧れを口にした。

映画は、キュアサマーこと夏海まなつを演じるファイールズあいとキュアラメールことローラを演じる日高ら「トロピカル~ジュ! プリキュア」メンバーが、10年にテレビ朝日系で放送された「ハートキャッチプリキュア!」(ハトプリ)の“先輩”4人に救われる物語。ファイールズあいは「高校生くらいの時に放送し、エンディングダンスを覚えた」とハトプリへのリスペクトの思いを口にした。その上で「(ハトプリが)香水で変身するところが(トロプリが)メークで変身するところと通じる。間違いない組み合わせだと確信しました」を笑みを浮かべた。

日高は水樹、水沢史絵、桑島法子、久川綾のハトプリメンバー4人を横目に「舞台あいさつ前も、このまま仲良し。ファイちゃん(ファイールズあい)と『10年後、こうなれたらいいね』と(話した)」と語った。その上で「(ハトプリメンバーがアフレコで)先に声を収録していたのもあって、聞きながらやって『本物だ』とテンションが上がり…いつか、こうなりたいなと収録しました」と“先輩”4人を声優の仕事はもちろん関係性の上でも目標に掲げた。