女優福原遥(23)が4日、大阪市内で公開中のアニメ映画「フラ・フラダンス」の舞台あいさつに出席した。公開初日(3日)に祖母と祖父が劇場に見に行き「もう涙をこらえるのに必死だったよ。感動した」とのメッセージを受け取ったことを打ち明けた。

同映画は、福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズの新人フラガールの成長物語。福原が声優を務めるヒロイン・夏凪日羽(なつなぎ・ひわ)らによる、笑いあり涙ありの青春ドラマ。福原は「ひわちゃんは皆を笑顔にするためフラガールになった。自信のないところは私と同じ。いつも前向きで、思いやりのある姿を見てもらって、皆さんも明るくなってほしい」と自身をヒロインに重ね合わせた。

YouTubeの撮影で実際にフラダンスを体験し「あんなに難しいとは思わなかった。指先まで繊細なうえに、動きが早くてついていけない」と苦笑。「せっかく大阪に来たので、鶴橋で焼き肉を食べたいなあ」と食いしん坊な一面も見せていた。

同映画は、美山加恋(23)富田望生(21)ディーン・フジオカ(41)らも声優を務めている。福原は、来秋スタートの次々期NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」のヒロインに決まっている。