ビデオリサーチは30日、年間CM露出タレントランキング(秒数、関東地区民放5局対象、集計=1月1日~11月19日)を発表し、女優綾瀬はるか(38)が約27万秒超えで1位に輝いた。

綾瀬はユニクロをはじめ、アリナミン製薬「アリナミンA」「ベンザブロック YASUMO」などのCMに出演。合計1万4184本出稿され、露出が27万5655秒に上り、21年2位、22年3位につづき、3年連続でトップ3入りした。

同ランキング2位は「ユニバーサルスタジオジャパン」「ミスタードーナツ」などのCMに出演の菅田将暉(30)で、昨年8位からランクアップ。同3位は「レバテック」や「日本ケンタッキー」などのCMに出演の賀来賢人(34)で、昨年32位から大躍進した。

また、CM起用社数タレントランキング(関東地区)も発表され、「TISインテックグループ」「はま寿司」など22社のCMに出演する川口春奈(28)が昨年に続いて1位に。2位は19社の橋本環奈(24)、3位は18社の広瀬すず(25)が続いた。

CM露出タレントランキングのトップ10は次の通り。

1位 綾瀬はるか(27万5655秒、昨年3位)

2位 菅田将暉(24万1220秒、昨年8位)

3位 賀来賢人(24面1005秒、昨年32位)

4位 芦田愛菜(21万10005秒、昨年2位)

5位 出川哲朗(20万9250秒、昨年6位)

6位 広瀬すず(20万6180秒、昨年36位)

7位 吉岡里帆(20万390秒、昨年5位)

8位 小池栄子(19万155秒、昨年11位)

9位 中条あやみ(17万7390秒、昨年57位)

10位 滝藤賢一(17万1485秒、昨年10位)