亀梨和也(37)が2日、都内で主演映画「怪物の木こり」(三池崇史監督、公開中)の公開記念舞台あいさつに出席し、「サイコパスな人は恋愛対象としてあり?なし?」という独特テーマでトークを展開した。

同作は、19年に「このミステリーがすごい!大賞」に輝いた同名小説の映画化。亀梨演じるサイコパス弁護士の二宮彰が、連続殺人鬼から襲撃され、復讐(ふくしゅう)を誓う。追う者と追われる者が次々と入れ替わり、意表を突く展開が連続するサスペンスストーリー。犯人を追う警視庁のプロファイラー・戸城嵐子を菜々緒が、二宮の本性を知らない婚約者・荷見映美を吉岡里帆(30)が演じる。

このテーマに登壇者も爆笑。三池崇史監督(60)は「ほんとなつかしいね、恋とか。なんでもいいです、サイコパスOK!」と声を弾ませ大歓迎。亀梨は「好きになった方がサイコパスだったらしょうがない」と潔く回答。思わず菜々緒や吉岡も「男前ですね~」と関心。亀梨は「好きなんだもん。どうにかして成立させたいじゃん。人ってさ、お付き合いして、時間が経過して(内面が)見えてくるじゃん。最初から全部見えてるなんてない。付き合ってサイコパスだったら、どうにかしますよ」と言い切った。

女性陣も回答し、吉岡は「わたしはノー!上手にお付き合いできないと思う」とばっさり。劇中で、殴られたり首を絞められたり痛められるシーンのトラウマもあるのか即答だった。菜々緒(35)は「わたしは一緒にいる人と同調しちゃう癖がある。わたしもサイコパスになる」と独特の回答で場を驚かせていた。