チャンス大城(48)が4日、都内で綾野剛(41)主演の映画「カラオケ行こ!」(山下敦弘監督、24年1月12日公開)の完成披露試写会に出席し、作中でともにヤクザを演じるやべきょうすけ(50)、北村一輝(54)と撮影を振り返った。

今作は和山やま氏の人気マンがを映画化。変声期に悩む中学生と、歌に悩むヤクザという、あり得ない出会いから始まった二人の“青春”を描く。絶対に歌がうまくならなければならないヤクザ・成田狂児を綾野が演じ、北村が成田が所属する「祭林組」の組長、チャンス大城とやべは、組員を演じる。

チャンス大城は「僕映画好きで、こんなスターの中に入れてもらえて本当にうれしくて。ちゃんと演じられているかどうか不安です」とあいさつ。控えめなふるまいもそこそこに、「イリオモテヤマネコの顔をしながらフクロウの声を出します」と得意のギャグを披露し会場を和ませた。

ヤクザ組にも劇中で歌唱シーンがある。やべは、綾野と交流のあるアーティストの楽曲を歌っているとし、「全力で歌っています。綾野君と縁ある方の曲を歌っているので、『くれぐれもよろしくお伝え下さい』と。先に謝っておいた」と強調した。ヤクザ組のトップだった北村は「みんなかわいかったです。中学生の合唱部の皆さんもかわいいけど、ヤクザの皆さんもかわいい。撮影の合間に腰が痛いやら、膝が痛いやらそういう会話で盛り上がった。これをまとめている監督ってすごいなって思いました」と笑った。