ゲームをコンセプトとした5人組女性アイドルグループ、EMuLATE(エミュレート)が9日、東京・渋谷VIDENTでデビューライブを行った。

「女子高生ミスコン2021」準グランプリの福間彩音(あやね、18)を中心に、全員が10代という「若さ」「かわいさ」を武器に“クリアしたくなる攻略型アイドル”として誕生。ゲームBGMのような音楽を組み込んだ「第一次エミュレート降下作戦」「はいてんちょんパーク!」など全6曲をパフォーマンスし、集まったファンを沸かせた。

メンバーはオーディションなどを経て5人に決定。平均年齢は約18歳とフレッシュな顔ぶれがそろった。唯一アイドル活動経験のあるリーダーの、まりる(18)は「5人を引っ張っていけるように頑張ります。全員がこのグループで良かったと思えるような活動をしていきたい」と意気込んだ。

子役経験などもある最年少の、のあ(16)は「22時以降に働けなかったりメンバーには迷惑をかけているので、ダンスや歌のパフォーマンスで貢献したい」と語った。ステージでは感極まって涙する場面もあり「ファンのみなさんのかけ声とかでもっと泣いちゃいました」。

えま(18)も「こんなに人が来てくれるとは思っていなかったのでうれしい」と涙。「私は人前に出るのが初めてです。何をしたらいいのかまだわからず、緊張もしていますが、活動経験のあるメンバーを参考に、足を引っ張らないように頑張りたい」と初々しく話した。

幼い頃から女性アイドルに憧れていたという、あやねは念願のデビューを喜び「これを当たり前だと思わず、感謝の気持ちを忘れずに活動していきたい。自分がそうだったように、自分の誰かの生きる希望になれたらいいなと思っています」と力を込めた。

あまみ(19)は「私は最年長ですけど、芸歴もなく、SNSとかもあまり投稿したことがありませんでした。今日はお客さんと目の前で直接お会いできるので楽しみにしていました。たくさん元気を与えられるアイドルになりたい」と笑顔で語った。

グループ名はゲームを仮想環境上でプレイする機械「ゲームエミュレータ」からとった。SNSプロモーションをはじめ、メンバーの個性を最大限に生かしたコンテンツ発信を目指す。公式ホームページではメンバーのレベルが「1」と表示されており、まりるは「ここから私たちもスタートです。いろんなパフォーマンスをしてレベルアップしていって、ライブ会場もどんどんと大きくしていきたい。みなさんと一緒に成長して、“ラスボス”までたどり着きたい」と意気込んだ。