ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(51)が9日、自身のX(旧ツイッター)を更新。「ミス東大」のタレント神谷明采(23)のグラビアデビューをめぐる記事に、私見を述べた。

「ミス東大2020」でグランプリに輝いた神谷は、今月7日発売の写真誌「FRIDAY」で人生初の水着グラビアに挑戦し、Xで「現役東大生のグラビア是非ご覧ください!」などと報告していた。その後9日になって、一部メディアで報じられた、東大生の水着グラビアデビューに賛否さまざまな声がネット上で出て論争になっているという趣旨の記事を自ら引用し、神谷は「集中砲火受けてるじゃん笑」などとリアクションするツイートをした。

堀江氏は、その神谷のツイートを引用し「まあ、頭も悪くて金も稼げなくて不細工みたいな奴がここぞとばかりに叩いてストレス発散してるだけやろ笑」とつづった。

この投稿に対し「正にその通り」「勉強以外でも活躍する東大生が出てきたら、そりゃ太刀打ちできない」「まさにないものねだり笑」「間違いない!」「暇なんだろうな、叩いてる人」「東大という肩書をどう使うかは本人次第なのに」「流石、堀江さん!」などとさまざまな声が寄せられている。

堀江氏は東大文学部在学中、ライブドアの前身、オン・ザ・エッヂを設立し、中退した。