タレント明石家さんま(68)が9日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。6日に急性心不全のため、68歳で亡くなった島崎俊郎さんをしのんだ。

さんまは1980年代にフジテレビの人気番組「オレたちひょうきん族」で島崎さんと共演。冒頭、「島崎が亡くなったってことで」と切り出すと、「アダモちゃん、ペッって。まじめな男で。そのままでええやないかいって思っても、『ハンゲマッカマッカ…』ってむちゃくちゃな言葉をどうしたらええか、ずっと考えてる。『こだわりありまして』ってやってたキャラなんですよ。一生懸命、毎週毎週やってたのが思い出される」と、島崎さんが人気キャラクター「アダモちゃん」に並々ならぬ熱意を注いでいたことを明かした。

さんまは島崎さんについて「お笑い生き残り戦場で戦友のように暮らしてきた」。しばらく会ってはいなかったというが、ひょうきん族で共演していたお笑いトリオ「コント赤信号」のラサール石井や渡辺正行から訃報が伝えられ、「寂しいなって。そういうときって体の力が抜けるような、やる気が起こらなかった。戦友が…去年、今年と続いてるやんか。我々の世代の仲間たちが次々に亡くなっていく。さすがに俺もこたえた。力抜けて、元気出ーへんわ」と渡辺に返事を返したという。

島崎さんがリーダーだったお笑いトリオ「ヒップアップ」は、ネタの最後に「それでは、お別れしましょ~。あなたとサヨナラしましょ~」と歌っていたが、さんまは「訃報を聞いて、力が抜けて、その曲をずっと1人で歌っていました。ご冥福をお祈りいたします」と“戦友”の死を悼んだ。