幾田りらとあのが26日、都内で、自身が声優を務めるアニメ映画「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」(3月22日公開)前章完成披露試写会舞台あいさつに登壇した。

同作(通称・デデデデ)は浅野いにお氏が原作の同名コミック。突如、宇宙から襲来した母艦が空に覆いかぶさる東京で青春を謳歌(おうか)する女子高生の小山門出と“おんたん”こと中川鳳蘭。門出をYOASOBIのボーカルikuraとしても活躍する幾田が、おんたんを、あのが演じる。

幾田は今作で2度目にして初の主演アニメ声優、あのが声優を務めるのは初。

2人で初めてかけあいをシーンは、ケンカの取っ組み合いするシーンだったという。幾田は「実際に取っ組み合いをして、せりふだけじゃなくて、殴ったり殴られたりの台本にはない音を入れたりするのが難しかったです」と振り返った。あのも「すごいうまくいった感じはあります」と振り返れば、幾田も「お互い音楽をやってるからか、間合いとかの相性がすごくよかった。ケンカのシーンでも相性が良いなと思いました」と共鳴した。浅野氏も「二人とも勘所がすごく良い。素晴らしい演技をしてもらいました。2人の素の部分が出てくれたらいいなと思っていた。それがそのままスクリーンに映っていると思います」と称賛した。

また、浅野氏は作画のリテイク作業が今も進行していることも告白。「足かけ5、6年アニメーション作業を進めてきましたが、原作者と映像化の関係性は難しいものです。前章だけでもおそらく100から200カットのリテイクをお願いして作業して頂いています。来月の本公開までに重要なシーンも含めて、リテイクしたものに差し替わる予定になっています。漫画原作の映像化というのは本当にいろんなことがあります。これはお祭りですから楽しんで帰ってください」と観客に呼びかけた。