俳優賀来賢人(34)が2日、自身のX(旧ツイッター)を更新。自身が原案と主演、共同エグゼクティブ・プロデューサーを務めるNetflixシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」を、ドジャース大谷翔平投手(29)が視聴していることを知って、喜びを爆発させた。

賀来の公式STAFFのアカウントはこの日、「忍びの家」を妻と見ているという話を大谷自身が明かしている内容を含む、一部メディアの結婚インタビュー記事を添付。Xで「大谷選手ご結婚おめでとうございます! ご夫婦で #忍びの家 見てくださってるとのことで社内が大大大パニックです ありがとうございます #Netflix すげぇ、、、」と喜んだ。

賀来本人もその投稿をリポストし、他にも大谷が「忍びの家」を見ていると言及している投稿を引用。「うおおお」と炎の絵文字を19個、忍者の絵文字を3個連打して、喜びを爆発させた。

「忍びの家」はNetflixで2月15日から独占配信スタート。伝説の忍者・服部半蔵の血を引く忍びファミリーの俵家のストーリー。最悪な事件により大事な家族の1人を失った一家は、忍びであることを捨て、一般庶民にまじり平穏な生活を送っていた。だが、国家を揺るがす事件が起きたことで、俵家を何としても忍びに復帰させたいBNM(忍者管理局)の指示によって、俵家は強引に巻き込まれていく。賀来は主人公の俵晴(たわら・はる)を演じている。