彫刻家としても活動しているテノール歌手の秋川雅史(56)が4日、TBSSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜午前5時)の「カチタスpresentsおうちつなGO!」コーナーにゲスト出演した。

<歌詞>私のお墓の前で~ 泣かないでください~ パーソナリティーの生島ヒロシ(73)が、いきなり秋川の2006年(平18)のヒット曲「千の風になって」を歌い始め、秋川は笑いながら「ありがとうございます」。

生島が「今日、僕は驚いたんですけど、ジャケット着てらっしゃって中がシャツじゃないですか。その下にボクは必ず下着を着てるんですけど…」と言うと、秋川は「自分は直接、肌の上にシャツを着てその上にジャケット。これは必ずですね。風が吹いてもこの胸元のボタンを絶対、開けてます、私」と笑顔を浮かべた。そして「のど元になんか触れるのがすごく気持ち悪くて、何かすごく不快で」と“胸元開き”の秘密を明かした。

秋川は今月30日に東京・紀尾井ホールで若手テノール歌手3人と共演するコンサートを開催する。生島が「コンサートが近づいてくると、特にこれは飲まないとか食べないとか、やらないとかあるんですか。フィジカルトレーニングは」と質問すると、秋川は「あまり私は気にしないで、神経質になり過ぎないようにしようと思って。メインは走ることと泳ぐこと。この2つです。一日600メートルを潜水で泳ぐんですね。25メートルは息継ぎしないで」。生島は「え~!」と驚きの声をあげた。

そのほか、愛媛の実家の近くに2人の有名人が住んでいたことや現在の住まい話で盛り上がった。マンスリーゲストとして11、18日にも登場する。