20年東京オリンピック(五輪)のマラソンと競歩の札幌開催が決定的となったが、コース設定によっては「夏の風物詩」に影響が及びそうだ。

1959年(昭34)に始まった「さっぽろ大通ビアガーデン」(大通公園西5~11丁目)は例年、7月上旬から8月中旬までの開催で、今年は27日間で44万1266リットルのビールが消費された。来年は8月2、9日は男女マラソンと時期が重なることになり、18日に取材に応じた「さっぽろ夏まつり実行委員会」の担当者は「来年の開催時期は決まってないし、現状では何も明言できない」と、慎重に言葉を選んだ。

○…札幌市内の宿泊施設は歓迎ムードだ。ホテル関係者は「観戦する方が札幌に多く来てくれたらうれしい」と喜びの声。一方で8月は人気の観光シーズンでもあり「特に大きなイベントがある時は価格をコントロールするところは多い」と宿泊費高騰の可能性を示唆した。