元テレビ朝日社員の玉川徹氏は4日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に出演し、自民党安倍派の政治資金パーティーをめぐり、販売収入の一部が所属議員にキックバックされこの5年で1億円以上が「裏金」になったという疑惑が出ている問題についてコメントした。

「報告書に記載すればいいだけのことを多くの人が記載しない状態で、何年も続いている。それは何のためということになると、裏金をつくっていたということなのではないか、というのが、この事件の本質。政治資金ではなく個人的に使っている可能性も、当然ながらある」と指摘した。

昨年、政治資金収支報告書にパーティー収入など4000万円超を記載せず、罰金100万円と公民権停止3年の略式命令を受けた薗浦健太郎元衆議院議員(自民党を離党)の問題や、安倍派の一部の議員が1000万円超のキックバックを受けた疑惑が報じられていること念頭に「(薗浦氏は)4000万円で100万円で罰金。1000万円を超えていると同じようにしないとバランスが取れない。1000万円以上を記載していないとなると、大物の可能性がある」と指摘。「この年末から年始にかけて、かなり(この問題で)荒れるのではないかという見込みをたてている人がいる。僕も大荒れになる可能性もあると思う」と述べ、東京地検特捜部による捜査の展望にも言及した。

その上で「議員個人が不記載で、そのお金がどこいにいったかとなると、薗浦さんと同じだ」と述べ、不記載で議員辞職に追い込まれ、3年の公民権停止の略式命令を受けた薗浦氏のケースにあらためて触れた。