元陸自隊員3人による強制わいせつ事件の被害者で、性被害を実名で告発した元自衛官の五ノ井里奈さん(24)は2日、自身のX(旧ツイッター)を更新し、米国務省から贈られることになった2024年の「世界の勇気ある女性賞」授賞式のため、米国へ出発すると明かした。

「アメリカ国務省が発表した2024年『国際勇気ある女性賞』に選ばれました。4日ワシントンD.C.、ホワイトハウスで受賞式があります。今から行ってきます。まずは無事に飛行機が着くことを願います。また改めてご報告します」と投稿した。

同賞の日本人の受賞は9年ぶり2人目。国務省は五ノ井さんの受賞について「五ノ井さんの勇気は、虐待を受けた無数の被害者が沈黙の中で苦しむことなく、自ら声を上げることを後押しした」と説明している。 五ノ井さんは昨年9月、米誌「タイム」の「次世代の100人」の1人に選ばれるなど、欧米でも動向が注目されている。