古川奈穂騎手(21=矢作)が今年のJRA7勝目を挙げた。函館開幕週の当舞台でともに勝利した1番人気チェイスザドリーム(牝3、矢作)と2戦連続、逃げ切った。勝ち時計の58秒0は函館ダート1000メートルの今開催最速。持ち時計をさらに詰めて、2着馬に3馬身差をつけた。

古川奈騎手は「馬が本当に強いの一言です。スタートしてから持っているスピードで楽に前へ行けますし、しまいも余力がある雰囲気でした。前回より時計を詰めましたし、能力で勝ってくれました」と、4週ぶりの勝利に笑みがはじけた。