昨年2着のクラウンプライド(牡4、新谷)は11着だった。道中は4、5番手から運んだが、直線で失速した。

川田騎手は「パドックを出てから、馬の気持ちが後ろ向きな瞬間が多かったです。いつもと全く違う競馬になりました。気持ちが入らないまま、レースが終わってしまいました」と話した。