映画「君の名は。」の大ヒットで2016年夏以降、岐阜県の飛騨地方が注目されている。多くのファンが作品のモデルになった飛騨に足を運び、主人公の訪れた場所で「君の名は。」の世界観を味わった。聖地巡礼と呼ばれて広まる観光スタイルは、2016年の流行語大賞候補にもなったほど。私も主人公のようにバス停のベンチで肩を落とし、遊んだ。


「君の名は。」ファンが集まる落合バス停
「君の名は。」ファンが集まる落合バス停

 滞在10分で3組のカップルが巡礼に訪れたバス停もすごい。だが飛騨には今、予約しないと遊べない人気沸騰のスポットもある。その日も満席だった。岐阜県の北東端、宇宙素粒子研究施設「スーパーカミオカンデ」でも有名な飛騨市神岡地区は、北アルプスが目前に迫る山深き土地。ここでかつて活躍していた神岡鉄道の線路跡が、絶景満喫スポットに化けた。レールマウンテンバイク「ガッタンゴー」と呼ばれている。


ガッタンゴーのスタート地点
ガッタンゴーのスタート地点

 2004年に廃線となった神岡鉄道を、地元のパワーで新たな観光名所に変身させた。列車の車輪が通るべき2本の線路上を、左右2台の連結された自転車で進むのがガッタンゴー。2人乗りだけでなく、4人乗りなどバリエーションも豊かだ。予約時間に集まった全員にまずレクチャーがなされ、水色のヘルメットを渡され、順番に自転車にまたがる。前の組と数10メートル車間が空いたら、出発進行!


前の組に続いて出発進行!
前の組に続いて出発進行!

 タイヤは脱輪しないよう半固定されており、電動アシストもついている。老若男女問わず、安全に快適にペダルをこげる。とはいえ思い切りスピードを出したくなるので、私もまだまだ子どもだ。いくら速度を上げても前の自転車を抜かすことは物理的にできないので、そのうち大人しく進むことにした。


赤い橋がかかる渓谷沿いを進んでいく
赤い橋がかかる渓谷沿いを進んでいく

 ガタンゴトン。自転車で踏みしめても、電車のような音がするのが楽しい。渓谷を抜ける風を真正面から感じ、心地よい。長く暗く、でもさほど冷えないトンネルを抜けると廃駅の旧・飛騨神岡駅を通過。集落にかかる橋の上を走る。視界が開け、気分が高まる。前方には次のトンネルも見え、わくわくする。ガッタンゴーのハイライトの1つだ。


旧・飛騨神岡駅の高架上を通過する
旧・飛騨神岡駅の高架上を通過する

 約3キロを15分かけてマウンテンバイクで走ると、折り返し地点の旧・神岡鉱山前駅に着く。バイクをUターンさせ、同じ道を戻る。往路は下りが多かったので、復路は少しペダルが重い。すっかりガッタンゴーに慣れた復路。足でペダルをこぎ、手では自撮りにトライしている人も多い。「カメラやスマホを落としても、その場では拾えません」の注釈付きなので、すべては自己責任のもとに。


大人もわくわくのガッタンゴー(撮影・妻)
大人もわくわくのガッタンゴー(撮影・妻)

 ガッタンゴーは楽しかった。予約殺到なのも分かる。ただ、強いて言うならば、もっと大自然の中を走ってみたかった。もうこれ以上は延伸しないのかな、なんて思っていたらニュースが飛び込んできた。2018年4月、新しく「渓谷コース」がオープン。スリル満点との触れ込みもある。しかもクラウドファンディングで建設が実現したというのがすごい。渓谷コースでは、どんな絶景が待っているのだろう。【金子真仁】



「ガッタンゴー」に乗るには?

 アクセス以前に、まずは早めの予約が必須(週末や大型連休などは特に)。市街地からは距離があり、公共交通の利便性が低いので、基本的には車でのアクセスがおすすめ。東京方面からは中央道・松本ICを下り、平湯温泉を越え、飛騨エリアへ抜けるのが最速。今回紹介した「まちなかコース」へは松本ICから約3時間。住所は飛騨市神岡町東雲1327-2。今回新設の「渓谷コース」はさらに北へ20分ほどだそうです。


Wonderful View No.71 “Gattan-go”

“Gattan-go” is popular in the Hida district of Gifu. This is an attraction to run by 2-crew mountain bike on an abolished track of the heart of a mountain, and it is difficult to take the reservation. You must have great feeling while running on the bicycle.


[DATA]

Address: 1327-2, Azumo, Kamioka-cho, Hida-shi,Gifu-ken

Access: About three hours by car from Matsumoto IC, Chuo expressway

Parking: for about 50 cars