プロ野球番記者コラム

筒香は積極思考、豊かな表現力が信頼する強さに昇華

<とっておきメモ>

DeNAからポスティング制度で米移籍を目指す筒香嘉智外野手(28)が13日(日本時間14日未明)、レイズと合意したことが分かった。米メディアなどによると、2年契約で総額13億円前後となる見込み。

筒香嘉智
筒香嘉智

     ◇     ◇     ◇

筒香の向上心は至ってシンプルだ。堂々の4番を張った17年WBC期間中だった。「明日の自分が今日の自分を上回るためには、どうすればいいかを考えている」とサラリと言った。苦境に直面したならば「何で出来ないのかじゃなくて、どうしたら出来るようになるのか、を考え方のベースにしている」と未来への解決策を探した。

取材を続けて常々、感じるのは表現力の豊かさだ。自分自身が感じていること、考えていることを、周囲に対し分かりやすく、分かるように伝える力がある。本を読み、ジャンルにかかわらず人の話を聞く。見聞を広げるためなら、労を惜しまない。

6日の渡米直前に成田空港でひと言だけコメントを残した。「契約に関してはサポートしてくれている方々を信じて待つだけ。僕は来季に向けて、しっかりと体の準備をする」。培ってきた「表現力=伝える力」は、心の芯に「信頼する強さ」を導き出した。【為田聡史】

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

更新